プロのライターになるための文字数 〜ライターズ思考を身につけるために〜

ライティング

「書くこと」を生業にしてプロとして生きていくためにはどのくらい書けば良いのでしょうか?1000文字? 2000文字? この記事ではプロで食べていくためのライターズ思考を身につけるために必要な内容をお伝えします!

何文字書いても質の良い記事が書ける様にする

文章を書く時の文字数と内訳は

  • 160文字→ツイッター
  • 300〜1,000文字→SNS、ブログ
  • 2,000文字→WEB記事、メール、企画書、スピーチ原稿
  • 5,000〜20,000文字→雑誌の記事
  • 100,000文字→ブックライター

どのレベルを目指して書くかは人それぞれですが、プロの書き手として食べていくなら最低2,000文字のラインはクリアしなければいけません。そしてどの文字数の射程でも100発100中で命中させなければいけません。

どういうことかというと、4記事書いて3記事は良かったけど1記事は上手くいきませんでした、ではダメだということです。プロなら4記事とも同等の質を提供出来なければプロとは呼べません。

プロを目指すならどの文字数の射程でも100発100中安定して命中できる様に訓練しましょう。

5,000字を飽きずに読ませるには

面白い文章、人に最後まで読ませることができる文章のことをリーダビリティと呼びます。2,000文字の文章はリーダビリティが高くても、5,000字になるとこのリーダビリティがもたなくなることが多いです。その理由は、

  1. 論点
  2. 論拠
  3. 理由

の構成が断絶してしまうからです。文章の世界は陸上と違い、「短距離は得意だけど長距離は苦手」は通用しません。長い文章でも最後まで読める様になるには、この、1.2.3を一つの文章に大きく二つ入れるではなく、小さく小分けにして挟んで、読者の離脱を目指します。

5,000文字を即興で書けるくらい訓練していきましょう。

ライターズ思考を身につける

プロのライターになるためには「脳内ストック」の質と量を増やすことが大切です。質と量を増やすには、

インプット→アウトプット→書く

というサイクルを回して「脳内ストック」を増やします。話の引き出し、ネタをたくさんストックしておくイメージですね。

まとめ

「書くことはサービス」です。読み手があってこその文章。たとえ100,000文字の文章でも最後まで読み手を飽きさせずに読ませるのが、プロのライターです。文章のプロで食べていきたいなら、どの文字の射程でも狙って命中できるように訓練していきましょう。

<おわり>

k.okaliy