読まれる文章は見た目が9割!文章の身だしなみに注意しよう!

ライティング

インターネット上の文章を読んでもらうには、見た目がとても大切です。ほとんどのユーザーはスマホで文章を読んでいて、しかも現在人の活字離れがいろんなところで言われています。

これは、読み手は書き手の文章を常に選んでいるということ。つまり文章も見た目が悪いとその時点で読んでもらえません。

文章を書くときも、外に出かけるときに身のこなしに注意するのと同じ。書く内容も大切ですが、まずは見た目がとても肝心です。本記事ではWEBライティングで気をつけておきたい文章の身だしなみについて解説します。

こんな文章は読みにくい

例えば、WEB上でこんな文章があったとします。

僕は文章を書くこと好きです。その理由は自分の気持ちを人に伝えることができるから。言葉は人を作り、世界は言葉で出来ていると旧約聖書にも記載されているくらい、言葉は大事です。僕は言葉の可能性を信じています。さらに文章力を鍛えることでコミュニケーション能力も鍛えることができます。なぜなら口頭で気持ちを伝えたり、想いを伝えるか、文字に起こして気持ちを伝えたり、想いを伝えるかの違いで、手段が違うだけで、人に自分の気持ちを伝えるというコミュニケーションツールとしては同じだからです。人に自分の気持ちを伝えることができるコミュニケーションツールとして言葉の可能性と文章力に僕は魅力を感じています。だから文章を書くことが僕は好きなんです。

 

かなり、熱い想いは伝わりますが、ぱっと見てどう感じましたか?

正直言って読みづらいですよね。たまにWEB上にある文章でこういった文章を見かけることがあります。せっかく中身は良くても。読んだ人が見た瞬間に、読みたくなくなるような文章を書いてはいけません。

 

文字と文字の感覚をバランスよく!

先ほどの文章を読みやすくしてみましょう。WEB上で読みやすく、かつ読まれやすい文章は、行間を適切に空けている文章です。理想は30〜40文字でひと改行。すると次のようになります。

僕は文章を書くこと好きです。

その理由は自分の気持ちを人に伝えることができるから。言葉は人を作り、世界は言葉で出来ていると旧約聖書にも記載されているくらい、言葉は大事です。

僕は言葉の可能性を信じています。さらに文章力を鍛えることでコミュニケーション能力も鍛えることができます。

なぜなら口頭で気持ちを伝えたり、想いを伝えるか、文字に起こして気持ちを伝えたり、想いを伝えるかの違いで、手段が違うだけで、人に自分の気持ちを伝えるというコミュニケーションツールとしては同じだからです。

人に自分の気持ちを伝えることができるコミュニケーションツールとして言葉の可能性と文章力に僕は魅力を感じています。だから文章を書くことが僕は好きなんです。

いかがでしょうか。だいぶ読みやすくスッキリした印象になりましたね。最初の見た目もこれなら読み手にストレスを与えません。WEB上で文章を書くときは、適度な行間を意識して、読み手の立場でライティングしましょう。

さらに文字を強調してわかりやすく!

さらに高度なテクニックとして、読んでほしい文字を強調するという手法があります。これはその部分を読んでもらえるだけでなく、長い文章を読んでいても、そこがワンポイントとなって、読み手を飽きさせないという工夫にもなります。

先ほどの文章で文字を強調してみましょう。

僕は文章を書くこと好きです。

その理由は自分の気持ちを人に伝えることができるから。言葉は人を作り、世界は言葉で出来ていると旧約聖書にも記載されているくらい、言葉は大事です。

僕は言葉の可能性を信じています。さらに文章力を鍛えることでコミュニケーション能力も鍛えることができます。

なぜなら口頭で気持ちを伝えたり、想いを伝えるか、文字に起こして気持ちを伝えたり、想いを伝えるかの違いで、手段が違うだけで、人に自分の気持ちを伝えるというコミュニケーションツールとしては同じだからです。

人に自分の気持ちを伝えることができるコミュニケーションツールとして言葉の可能性と文章力に僕は魅力を感じています。だから文章を書くことが僕は好きなんです。

 

いかがでしょうか。強調したい部分が一番伝えたいメーセージなのが伝わります。

箇条書きでさらにスッキリ!

さらに、文章をスッキリみせる方法として、箇条書きを使用するという方法もあります。箇条書きを使うと、一目で文章のポイントがわかり、要点が伝わりやすくなります。

僕は文章を書くこと好きです。

その理由は

  • 自分の気持ちを人に伝えることができる
  • 言葉は人を作り、世界は言葉で出来ていると旧約聖書にも記載されている
  • 僕は言葉の可能性を信じている
  • 文章力を鍛えることでコミュニケーション能力も鍛えることができる

なぜなら口頭で気持ちを伝えたり、想いを伝えるか、文字に起こして気持ちを伝えたり、想いを伝えるかの違いで、手段が違うだけで、人に自分の気持ちを伝えるというコミュニケーションツールとしては同じだからです。

人に自分の気持ちを伝えることができるコミュニケーションツールとして言葉の可能性と文章力に僕は魅力を感じています。だから文章を書くことが僕は好きなんです。

 

箇条書きに加えて、強調したい文字にマーカーも加えれば、デザインとてさらに見やすくなります。

まとめ

インターネット上の文章は、基本的に読み飛ばされると思っておいた方がいいです。その中で読み手に選んでもらうためには、一工夫必要です。見た感じ、読みにくそうな文章は、読まれにくい傾向にあります。

ほんの少しの手間をかけて、読者目線を意識するだけで、グッと読みやすく、見やすい文章になります。WEBライティングを行う際はぜひ意識してみてください。