文章が書けると人生が変わります

ライティング
f:id:buzzre95g:20190909193218j:plain

思いどおりに自分の気持ちが相手に伝わればいいな、と感じることはありませんか? 例えば、自分を売り込む転職活動のPR作りに、相手とコミュニケーションをとるメールに、会社の企画書に。

これらの問題は文章を思い通りに書けるようになることで解消します。

つまり、文章が書けると人生が変わるのです。

僕は何を隠そう、文章が苦手でした。できれば書きたくないし、できればテレパシーみたいなので以心伝心して、手間を省きたい。だって文章を書くのって面倒じゃないですか。

しかし、それが理由で僕は人生の至るところで損をしてきました。例えば先述した転職活動の時なんかは、希望した会社に書類選考で受からず、落ちまくっていました。書類選考の時点で。

メールに関しては、好きな子に一通メールを送るのに丸一日かかったり、結局送らなかったり、とにかく文章に自信が持てなかった。どう書けばいいかわからないし、数学みたいに決まった答えがあるわけでもない。

だから避けていたんだと思います。そんな僕が今はプロのライターとして生きています。我ながら人生どうなるものか分からないものです。あれだけ苦手なだったのに。

今では、極めたとは言えませんが文章でご飯を食べている以上、人並み以上には文章力に自信を持つことができました。

なぜ、文章が苦手だった僕が、人並みに書けるようになったのかというと、文章には一定のルールがあり、型があることに気が付いたからです。それに則って書くと、誰でもある程度のクオリティの文章が書ける。

そう、文章とは「知っているか、知らないか」だけだったのです。そのルールを知って依頼、僕はスラスラと文章が書けるようになりました。そして文章を書くことができるといろんな出来事がおきます。

たとえば、あれだけ落ち続けていた仕事に応募したら一発で受かったり、メールのやりとりに時間がかからなくなったり、自分の気持ちをダイレクトに相手に伝えられるようになったり。

まさに文章が書けるようになって人生が変わったと言えます。

言葉とはコミュニケーションツール。文章もそんな言葉を使ったコミュニケーションツールです。自分を表現するために存在するといっても過言ではありません。私たちの潜在意識の中には第一に人に「認められたい」という承認欲求が大半を占めています。

他人に自分の存在を認めてもらうために、私たちは生きていると言えます。そんな自分の存在を認めさせるために言葉は存在します。そう考えると、もちろんその言葉を自由に使えた方が優位に人生を生きていけるような気がしませんか。

例えば、自己PRの文章。例えばキャッチコピー。例えばメールの文章。例えば企画書。ありとあらゆるところで文章が書けると、お得なことが多いです。

場面場面でいうと、人生が変わるかもしれない大事なシーンで、自分を表現したり、売り込んだりする文章力が身についていれば、あなたの人生は間違いなく変わるでしょう。

そんな文章術のセミナーを2019年9月26日に兵庫県で開催します。

文章術を磨いて、人生を変えたいというあなたのご参加をお待ちしています。

peraichi.com