読者を惹きつける文章のコツとは?プロのライターが伝授!

読者を惹きつける文章のコツとは?プロのライターが伝授!
読者を惹きつける文章のコツとは?プロのライターが伝授!
ライティング

あなたは人を惹きつける文章を書けていますか?

この記事は読者を惹きつける文章の書き方のコツを紹介します。

「いやいや、人を惹きつけて話さない文章って、むずかしくないんですか?」「わざわざ身につける必要あるんですか」と思っているかもしれません。

しかし、あなたは人を惹きつける文章を書けていると断言できますか?

もし「書けていない」「自信がない」

という場合は、この記事がお役に立てるはずです。ぜひ最後までお読みください。

なぜ読者を惹きつける文章が必要なのか?

なぜ読者を惹きつける文章が必要なのか?

今回のどんなビジネスにおいても必ず重要になる人を惹きつける文章が書けると、あらゆるシーンで優位に展開できることは間違いありません。今回紹介する内容は、もしあなたが

「人の心を鷲掴みにする文章のコツを知りたい」

「最後まで読まれる文章を書きたい」

「できれば小細工なしで文章うまくなりたい」

そんなふうに考えているのであれば、小手先のテクニックを学ぶより、今回紹介する「文章の本質」を理解したほうが、圧倒的に効率よく最短で人を惹きつける文章のコツがわかるという話です。

国語の授業で面白い文章が書けない理由

国語の授業で面白い文章が書けない理由

世の中には、句読点の位置や文法に気をつけなさいといった「国語の教授」のような話がたくさんあります。

もちろん、このような話も大事です。しかし、これではいつまでたっても文章力はあがりません。

じゃあ、逆に質問です。今まで国語の授業を真剣に受講して、あなたは人の心を惹きつける文豪になれましたか?答えはNOのはずです。

なぜなら、みんなが知っているような、教科書通りの文章なんて、みんな書けるから敢えてこの人の文章のファンになろうとは思わないんです。

つまり、人を惹きつける文章を書けるようにはならないんです。

読者を惹きつける文章にはコツがある

読者を惹きつける文章にはコツがある

はっきり言っておきますが、人を惹きつける文章というのは、コツさえ掴めば誰でも書くことができます。

なぜなら、人は「面白いか」「面白くないか」この2択で文章を読むか読まないかを決めるからです。

だから学校の授業のような文章をただ書いてるだけだと面白くともなんともないので、「読まなくていいや」ってなるのです。

実際、僕も文章を書くことが苦手に感じていた頃は、誰も読んでくれないから好きになれませんでした。

それが、文章がうまくならない理由だったんですね。

もし僕が、これからお話する内容を知らなかったら一生、誰も読まないようなつまらない文章を書き続けていたと思います。

もちろんコピーライターにもなれていなかったでしょう。

ただ、今回の記事で紹介する方法を意識するだけで、人を惹きつけて離さない文章を書けるようになります。

それどころか、反応が高い文章を書けるようになるので、書くことが自然と楽しくなります。

実際に僕も今日紹介する内容を実践したことで、人を惹きつける文章力が格段に上がりましたし、コピーライターとしても活動だけでなく、オンライン講師としても活動できるようになっています。

僕だけでなく、僕の受講生も文章の奥深さがわかり、WEBライターをはじめたり、ライティングの楽しさを実感しています。

ぜひ、今回紹介する方法を自分のものにして人を惹きつける文章をマスターしていきましょう。

今回紹介する文章術以外にも文章でマネタイズする方法や好きなことで独立する方法を発信していくので、そういった情報をこれからも見逃したくない人は、今のうちに公式ラインに登録しておいてもらえればと思います。

惹きつける文章はストレートに書くとNG

惹きつける文章はストレートに書くとNG

結論からお伝えすると、人を惹きつける文章を書くためにはストレートに表現することはNGです。

たとえば、

「校長先生の話がはじまると眠くなるのは自然現象です」

と言われても

「そうなんですね」

くらいのリアクションじゃないでしょうか?

これでは人を惹きつけることはできません。

じゃあ、どうすればいいのかというと、「例え話」を入れるのです。

何かを説明するときに、例え話をすることで脳内にイメージされやすくなります。

さっきの例でいうと、

「小学生の時に校長先生の話がはじまると眠くなった経験ってありませんか?あれは、あれって、いつまで続くのかと思うし、立って聴き続けるの辛いですよね。先が見えない話ほど長く感じる時間はありませんよね。文章も最初に何を伝えるのかを明確にしましょう」

といった感じです。

要するに、この話は何を伝えたくて、いつまで続くかわからないと退屈に感じるんだよって話です。

人は例えば話を用いられると、脳内でイメージして理解しやすくなります。

自分ごととしてイメージすることで、グッと惹きつける文章になるわけです。

「とはいっても、たとえ話なんて簡単に思いつかないよ」

あなたはそう思われたかもしれません。

安心してください。

たとえ話はセンスがなくても作れます。

じゃあどうすればいいのかを次の見出しで解説します。

リアルな実体験を例え話にする

リアルな実体験を例え話にする

例え話は自分のリアルな実体験をそのまま表現すればいいのです。

さっきの例でいうと、自分の身近な例に置き換えて、

たとえば「急いでいる時に電車が遅延している時ほど、長く感じる時間はありませんよね。あれって、いつ動くかわからないから苦痛に感じるんです。文章も同じで、どこが着地点がわからない話はストレスに感じてしまいます」

もう一つ紹介すると、

「例えば、せっかく楽しみにしていたディズニーランドに行ったら、どのアトラクションも4〜5時間待ちで、結局ほとんど並んでいるだけの1日だったらガッカリしますよね。だから事前に回る順番をしっかり調べておくことが大事です。これって何にでもいえますよ」

このように伝えたいことを明確化して、自分の体験を織り交ぜることで、グッと文章は魅力的にわかりやすくなります。これは日々のトレーニングを続けることで身に付くので、ぜひ意識してください。

とは言っても

「自分で例え話なんて思いつかないですよ」

「トレーニングって響きがストイック過ぎる…」

なんて人もいるでしょう。

そんな人のために、ここからはたとえ話を作るヒントを紹介します。

例え話で読者を惹きつけるヒント

例え話で読者を惹きつける参考例

もし、ヒントが欲しいなら人が反応しやすいこれらの感情を参考にしてください。

ちなみに人は負の感情に訴求した方が感情が揺さぶられやすい傾向にあります。

肩を落とす、残念、ガックリくる系のたとえ話

  • セール価格で買ったと思ったら次の日にさらに半額になっていた
  • 昨日機種変更したスマホをうっかりトイレに落とした
  • 間違いなく自分に惚れていると思った異性に告白したら振られた
  • 福袋の中身が全部サイズ違いだった
  • 疲れて家についたらカギを落としていた
  • 自信満々でプレゼンしたら大コケした
  • ラズボス間際のゲームのデータが全部消えた
  • 間違いないと思った商談が破談になった
  • 3年間片想いだった人が婚約していた

イライラ、怒り、ムカついた系のたとえ話

  • 店員が自分にだけ挨拶しなかった
  • 集合写真に自分だけ呼ばれなかった
  • 恋人に浮気された。嘘をつかれていた
  • 街で人にぶつかって舌打ちされた
  • 駅で足を踏まれた
  • 雑用ばかり押し付けられた
  • ぼったくりにあった
  • 主役を持っていかれた
  • 急いでいる時に渋滞にはまった
  • 上司に理不尽なことで注意された
  • 同僚に外見をバカにされた
  • 「君にはどうせできないよ」と言われた
  • 「何やってもダメだね」と言われた
  • 古着屋で高い服買ったら穴空いていた
  • 高額商品を購入したらゴミだった
  • クレームつけたらクレーマー扱いされた
  • 腹たってお酒飲んだら次の日胸焼けした
  • 服のセンスをバカにされた

まとめ:読者を惹きつける文章のポイント

文章で何かを説明したり、伝えたいことがある時にストレートに書くのはNGです。

ただ単に書くのではなく、自分が体験した例え話を入れることで、読み手は内容を脳内で明確にイメージできます。

これが人を惹きつける文章のポイントです。復習はひとつ。

これから、何かを説明したり、伝えたりする時には自分の体験談を盛り込むこと。

なぜなら、たとえ話がないと人は内容を脳内でイメージすることができないからです。

もし、思いつかないならこの動画で紹介した例えば話を自分に置き換えて、日々トレーニングしてください。

最初はゆっくりでもいいので、コツコツを取り組んでいきましょう。

LINE限定企画
現在、ありがたいことに僕のオンラインコースは3578人の方にご受講いただいています公式LINEでは僕が、全くのオンラインビジネス初心者から、ライティング、マーケティング、コンテンツ販売をマスターできた方法と、自分の価値を10倍に高めるオンラインビジネスの始め方をお伝えしています。