高校卒業程度認定を取って大学へ行こう!

高卒認定
「大学生が羨ましい!」
これを読んでいるあなたはそんなお悩みがあるのではないでしょうか?
晴れやかなキャンパス、サークル、コンパ、勉強、アルバイト、etc……
大学生活ではそんな夢のキャンパスライフが送れると夢見ますよね。
だけど、自分には高校卒業の資格がないので受験すらできない……
でも大丈夫です!
そんな、あなたのために試験に合格すると大学受験ができる「高校卒業程度認定」という制度があります!

【無料】通信制高校の一括資料請求

高校卒業程度認定とは

高校卒業程度認定とは、試験に合格、あるいは必要な単位を取得することで高校卒業と同等の学力を有すると文部科学省が承認する資格です。
つまり、この試験に合格すると文部科学省からのお墨付きがもらえるということですね。
「でも、今さら学校に行くのはちょっと」
そんな方でも大丈夫!通信制の学校でも高校卒業認定制度の単位を取得することができます。

高校卒業程度認定の試験制度とは

高卒認定の試験は毎年8月に2日間にわたり行われます。受験に必要な科目は
  • 国語
  • 地理歴史
  • 公民
  • 数学
  • 理科
  • 外国語
上記からさらに地理歴史の場合は「世界史」「日本史」などに枝分かれしていきます。

高校卒業程度認定の合格率は?

高校卒業程度認定と聞くと、もしかしてすごい狭き門を想像するかもしれませんが、実際にはそうでもありません。私は実際に高卒認定の試験を受験して合格していますが、数学の問題で中学の勉強範囲に毛が生えた程度でした。
全ての試験問題のレベルも高校1年生程度のレベルです。
高卒認定はあくまで高校卒業程度の資格を取得して、大学受験をすることが目的なので、高卒認定自体の試験問題のハードルは低いというわけです。
合格率は毎年40%程度。この数字は試験を受験することには決めて願書は出したが、実際にはあまり本気で勉強していない人も含まれるので、本気で勉強すれば合格しやすい数字です。


試験に全て合格しなくても単位取得制度がある

もし高卒認定試験で全ての科目に合格しなくても、単位取得という制度を使えば、不合格だった科目を補うことができます。
これは必要な授業時間と、テストを受ければ単位認定がもらえるという制度で、実際に私も英語だけは苦手で単位取得しましたが、実際の試験よりも何倍も簡単に取ることができました。

高卒認定なら通信制の学校へ

高卒認定を取得するのに、わざわざ学校へ通う必要はありません。
通信制の学校を利用すれば自宅で無理なく勉強できます。
  • 集団授業は年が離れているから
  • 机に座って授業が嫌い
  • バイトしていて時間がない
という方も無理なく通信制高校を利用すると勉強を進められます。前述した単位取得もできますので、高卒認定をまず取りたいなら、通信制の高校を探しましょう。

勉強につまずいたら未来を想像しよう

高卒認定は長い戦いです。合格率は高いとはいえ、本気で勉強しないと合格できません。
勉強を進めていく中で、モチベーションが続かなくなったり、嫌になることもあるでしょう。
そんな時は、未来の自分を想像してみてください。
大学のキャンパスを颯爽と歩いといる自分。サークル活動に打ち込み充実した毎日。友達や恋人との出会い。楽しいコンパ、バイト。
そんな明るい未来を想像することで、苦しい現実を乗り越えることができます。
苦しい時こそ、未来の成功した自分を想像してみてください。

まとめ

高校卒業程度認定は、大学受験を受けるための資格。いわばスタート地点に立つための試験です。
そのため、試験難易度も低く、本気で勉強すると必ず合格できます。
それでも、独学は難しいです。なぜなら長期的な目線が必要で、モチベーションの管理や誘惑が日常にはたくさんあるから。
そのためにも、通信制の高校を上手く活用して効率よく高校卒業程度認定を手に入れましょう。
▼▼