【freeeの価格、特徴をご紹介!】忙しい個人事業主にこそおすすめのプランをご紹介!

未分類

freeeの導入を考えていると、まず確認したことが価格帯とプランの違いだと思います。

実際、自分にあっているプランは何か、どんなプランがあるか事前に確認しておきたいところです。

この記事では、そんな方のためにfreeeの価格やプラン、おすすめのプランについて紹介します。

この記事でわかること

✅freeeの価格帯とプランの違い

✅自分におすすめのプラン

✅無料プランと有料プランの違い

こちらの記事もおすすめ▼▼

2020年の確定申告の時期は?気になる期間や期間内に申告できなかった場合も解説!!

freeeは基本的に3つの料金プラン

freeeで選べる料金プランは基本的に次のとおりです。

1.スタータープラン  月額980円
2.スタンダードプラン 月額1,980円
3.プレミアムプラン 月額39,800円

それぞれ、どういう人におすすめかを解説します。

1.スタータープラン  月額980円

はじめて会計ソフトを使う人や個人事業主になりたての人におすすめな初心者向けプランです。

価格帯は一番安いプランですが、確定申告や記帳業務の役割は十分に果たしてくれます。

そのため、個人事業主を始めたばかりの方や、とりあえず確定申告だけ済ませたいと考えている方向けです。

他のプランに比べるとやはり機能に制限はありますが、試しに使ってみて必要なら後からアップグレードも可能です。

2.スタンダードプラン 月額1980円

会計ソフトだけで確定申告を終わらせたい人や、すでに個人事業主で安定した収入がある人におすすめのプランです。

従業員を雇っていない、あるいは数名程度の従業員の場合はスタンダードプランで十分です。

 

3.プレミアムプラン  月額39,800円

個人事業主でも、従業員を雇っていたり、経理の担当者がいたりして、ゆくゆくは法人化を目指している人向けのプランです。

freeeの個人向けプランの中では一番高額なプランです。

その変わり、経費精算など、色々な機能がついているので、大規模の社員を抱えている方には十分すぎるサービスが提供されます。

ちなみにプレミアムプランには月払いがなく、39,800円の年払いのみの支払いとなります。



それぞれのプランでできること、できないこと

それぞれのプランでできる機能、できない機能を表で紹介します。

スターター スタンダード プレミアム
メンバー追加 追加不可 1人あたり

月額 300円(税抜)

年払い 3,000円(税抜)

1人あたり

年払いのみ 3,000円(税抜)

税理士の追加 ※認定アドバイザーは無料招待可 ※認定アドバイザーは無料招待可 ※認定アドバイザーは無料招待可
主な機能 基本的な記帳機能

ファイル保存 月5枚まで

基本的な請求書機能

確定申告機能

スターター全機能

ファイル保存無制限

請求・支払い効率化

定期請求・合算請求

入金管理・支払管理レポート

資金繰りレポート

消費税申告機能

スタンダード機能

カスタム権限管理

支払承認

仮締め

部門階層

配賦計算

電子帳簿保存

経費精算

サポート チャット

メール

チャット(優先対応)

メール(優先対応)

チャット(優先対応)

メール(優先対応)

電話

乗換代行

※認定アドバイザーとは

freeeが提携する税理士紹介サービス介した税理士

freeeには無料プランもある

freeeには無料プランもあります。

無料プランは基本的に有料プランのお試し期間という位置付けです。

スタータープランとスタンダードプランを試しに30日間無料で使うことができます。

そのため、いきなり有料プランを申し込むのは気が引ける人も、気軽に使用できるので、万が一「使ってみたけれど、やっぱり違った」という場合も、継続しなければ課金されないので安心です。

もちろん、使ってみて良かったらそのまま有料プランでお使いいただけます。

試しに無料で使ってみる▼▼

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

ただし、気をつけたい点が、「無料で確定申告のデータを作成」できるけど印刷はできないという点です。

そのため、確定申告の時だけ無料プランを利用するということができないのでご注意ください。

<freeeを使っている人の口コミ>

【結論】忙しい個人事業主はスタンダードプランを利用しよう!

忙しい個人事業主はスタンダードプラン がおすすめです。

なぜなら、スタータープランでは物足りなく、プレミアムプランではお腹いっぱい、ちょうど収入がある個人事業主にはスタンダードプランの内容が一番です。

1番の魅力はfreeeの会計ソフトだけで、確定申告が終わるところ。煩雑で面倒になりがちな作業もfreeeを利用すれば、効率的に進められ、本業に集中できます。

まずはお試しに、無料で使えるので、一度試してみてはいかがでしょうか。