ビジネスシーンに欠かせないMECE(ミーシー)とは? 具体例や事例、考え方を紹介!

MECEとは ライティング

ロジカルシンキングを学ぶと、必ずMECEといった概念が登場します。

この記事は「MECEって何?」「どんな場面で使えるの?」といった疑問をお持ちの方向けに、MECEについて解説します。MECEはビジネスシーンにかかわらず、論理的に文章を書いたり、話をしたりする際に欠かせない思考術です。MECEの意味、事例を交えてビジネスシーンで使えるように解説していきます。

1.MECEとは

『MECE(ミーシー)』とはMutually Exclusive and Collectively Exhaustiveの略で、ある事柄や概念を説明する際に、漏れなく、重なりなく、しかも全体的に漏れのない部分の集まりのことをいいます。

よく現場でいわれるたとえとしては『モレなく、ダブりなく』ということです。

たとえばA、B、C、Dという各要素が集合体としてモレなく、ダブりのない状態がMECEです。

MECE

MECEの関係が分かりやすい例がトランプのカードです。

トランプのカードを漏れなくダブり無く分けると、色や記号、種類によってグループ化が可能になります。赤のカード、青のカード、ジョーカーといったイメージです。さらに赤のハートとダイア、青のクローバーとスペードといったように各要素をわけられます。これらを分解することで、カードの全体像がはっきりと見えてきます。

MECE トランプ例え

2.MECEは論理の横のつながり

MECEはビジネスシーンのあらゆる問題解決に使用できます。その中でもよく使われるのがロジカルライティングです。

文章で論理的に相手に伝えるためには、主張と理由、根拠が必要です。

文章で伝えるメッセージは基本的にひとつですが、その内容に説得力を持たせるためには根拠が必要になります。根拠はひとつだけよりも最低3つはあったほうが深い文章になります。

イメージとしては、「ダイエット目的の筋トレでは下半身の筋肉を主に鍛えましょう」という主メッセージがあったとすると、その理由と根拠として

  1. 身体の大きな筋肉は下半身に集中している
  2. 下半身の筋肉量が上がると代謝があがる
  3. 下半身を鍛えると身体全体が引き締まってみえる

があげられます。この1~3の理由と根拠が論理の横のつながりです。この関係性がMECEである必要があるのです。

たとえばメッセージのテーマが「テーマは10日のプレゼンに間に合うか?」だったとしましょう。その場合

■結論

→添付の資料は10日のプレゼンで使用できる

■理由

→本日(8日)の10時には資料は完成予定

→9日の午前中にはチェックも完了してメールで送付する

これが結論と理由の流れになります。その上でMECEは2つの理由の関係性です。

この場合、「本日完成予定」と「9日午前中にはチェックも完了」が結論の根拠となっており、ダブりも漏れもない状態です。

3.3タイプのMECE

MECEを使うときに要素を分けやすくするには、3つのタイプで要素分けするやり方があります。

それが、

  1. 要素分解
  2. ステップ
  3. 対象概念

です。

3−1.要素分解

要素分解とはグループ分けしたい対象を、全体を形づくっている部分集合にわける考え方です。たとえば

ex.

・職階=担当者、主任、課長、部長

・血液型=A型、B型、O型、AB型

・弦楽器=ギター、ベース、ヴァイオリン、チェロetx…

などがあげられます。

3-2.ステップ

ステップとは始点から終点までの流れです。

たとえば納品予定の記事があったとすると、「本日10時に完成予定」「7日17時に納品予定」といった使い方や、「過去はこういう仕様だった」「現在はこういう仕様に変更された」などがあげられます。

3-3.対象概念

対象概念とはものごとの裏と表という考え方です。これはよくWEB記事でも見られるメリットとデメリットや、ビジネスの現場で使われるAとA以外などがあげられます。金融業界の投資の世界ではリスクとリターンという例え方もあります。

4.MECEで自己紹介をグループ化

MECEの3タイプのパターンを使って、自己紹介をグループ化してみるといろんな角度から要素にわけられます。

「わたしとは」を要素わけしてみましょう。

要素分解では

要素分解
  • 職業人として
  • 家庭人として
  • 一個人として

というそれぞれの自分の要素に分解できます。

続いて自分自身のステップをグループ化すると

グループ化
  • かつての自分(過去)
  • いまの自分(現在)
  • 将来の自分(未来)

という切り口で分類できます。

対象概念としても切り口は

  • 長所と短所
  • 好きなモノ、嫌いなモノ

といったわけ方ができるでしょう。

5.MECEでメールをグループ化

MECEのグループ化を受信ボックスに入ってあるメールで行ってみます。

メールをグループ化

■要素分解

  • 自分にTOで来たメール
  • 自分にCCで来たメール
  • 自分にBCCで来たメール

■ステップ

  • 先週以前に受信したメール
  • 今週中、昨日までに受信したメール
  • 本日受信したメール

■対象概念

  • 社内から来たメール
  • 社外から来たメール

このようにそれぞれ分類できます。

6.MECEは論理パターンの横のつながりを強化できる

ロジカルに相手にメッセージを伝えるためには論理パターンに沿って伝えることが大切です。論理パターンとは

  • 問い(テーマ)→結論→理由(根拠)

のこと。

根拠はできればひとつの主張に3つは欲しいところです。

そして根拠は漏れなくダブりなく、MECEで作成しましょう。

MECEの考え方を取り入れることで論理パターンの横のつながりが強化されます。

ビジネスシーンではロジカルシンキングは欠かせません。さらにそれを伝えるライティングの技術ではMECEを使うとより論理的に思考が整理されます。

MECEを理解して、より速くわかりやすいビジネス文章をつくりましょう。