【SDS法】を使えば効率的にシンプルで分かりやすい文章を作れる!

ライティング
読者

「頑張って文章を書いているのに相手に伝わらない…」

「説得力のある文章を書きたい」

「また、トーク力もイマイチ説得力がなくて悩んでいる」

okasuji
本記事ではそんなお悩みをお持ちの方に相手に伝わりやすく、記憶に残りやすい文章の型「SDS法」をご紹介します!

 

あなたは文章を書くには、高度な国語力や語彙力が必要とは思っていませんか?

実は、伝わりやすい文章には『型』や『ルール』が存在します。

型を知り、順番通りに書くことで誰でも読まれて伝わる文章が書けます。

SDS法とは

『SDS法』とは「Summary ・Details ・Summary 」の略です。

シンプルで分かりやすく、かつ正確に主張を伝えることのできる『文章の型』になります。

SDS法
  • Summary=全体の概要
  • Details =詳細
  • Summary=全体の概要

となり、ひとつの主張を形を変えて3度繰り返す手法で、テレビのニュースやプレゼン、通販番組などでよく使われています。

okasuji
文章にストーリー性を持たせることができるので、伝えたいことが読者の記憶に残りやすいです。

SDS法の使い方と具体例

SDS法の使い方は以下の通り。

  • Summary=全体の概要

「これからお伝えすることは〜です」と言ったように、まずは伝えたいポイントを要約します。

  • Details =詳細

次に、

  • 「Summary=全体の概要」の詳細の説明をしていきます。

「その理由は以下の3つになります。〜ひとつひとつ解説すると〜」

といった感じです。

最後に「以上のような理由から〜についてお伝えしました」

と言ったように、全体のまとめを行って締め括ります。

SDS法の具体例

より具体的なSDS法の使い方をご紹介します。

  • Summary=全体の概要

これから、早起きは身体に良いということをお伝えします。

  • Details =詳細

その理由は3つあります。

1つ目は、朝日と共に目覚めることで、体内時計がリセットされて夜ぐっすりと眠れる

2つ目は、朝の時間に余裕が生まれるので、家を出る前にバタバタせず時間にゆとりが出る。

3つ目は、交感神経が優位になるので、自律神経が整い生活の質が向上する。

  • Summary=全体の概要

以上の理由から、早起きは身体に良いということをお伝えしました。

または、こういった例もあります。

  • Summary=全体の概要

最近は10代の若者を中心にLINE離れが起きています。

  • Details =詳細

その理由は、無駄が機能が多くて容量が大きい、コミュニケーションツールはTwitterやインスタDMで十分。といった要因が挙げられます。

  • Summary=全体の概要

そのため、10代を中心とした若者のLINE離れが起きています。

と言ったような順番で文章を作る方法がSDS法になります。

SDS法とPREP法の違い

人に伝わりやすく、読みやすい文章の型には『PREP法』もあります。

これは、

PREP法
  • Point=主張
  • Reason=理由
  • Example=具体例
  • Point=主張

の順番で書くことで、シンプルに伝えたいことが伝わる方法です。

結論から伝えると、SDS法とPREP法のどちらを使っても問題ありません。

どちらかというとPREP法は結論重視の型となります。

PREP法の詳細はこちら▼

スムーズで伝わる文章を書くための【PREP法】とは?事例・書き方も紹介!

SDS法はプレゼンにも使える

ご紹介してきたSDS法は文章だけでなく、プレゼンテーションや自己紹介、スピーチにも使えます。

最初に伝えることを話し、次に理由と詳細、最後にもう一度伝えたいメッセージで締めることで、ストーリー性が生まれます。

人は、ただ説明や主張をされると退屈ですが、物語を聞くことに対しては興味津々です。

そのため、SDS法で話す構成を作ると、自然に説得力が増す話し方になります。

ぜひ人に何かを紹介するときや、説明するときに使ってみてください。

SDS法 まとめ

『SDS法』とはシンプルで分かりやすく、かつ正確に主張を伝えることのできる『文章の型』になります。

同じ内容を3回繰り返すことで、相手に記憶に残りやすく、自分自身も情報を整理しやすくなります。

おさらいすると、SDS法は以下の順番で組み立てます。

  • Summary=全体の概要
  • Details =詳細
  • Summary=全体の概要

上記の型通りに当てはめて文章を作れば、あなたも簡単に説得力のある文章やメッセージを作れます。

ぜひ、あなたの文章のクオリティを上げるために活用してください。

この記事が参考になれば幸いです。