【4つの学習タイプ】全ての疑問を解消する最強のフレームワークとは

セールスコピー

コピーライティングで必要なことは、読者に行動してもらうことです。

そのためには、しっかりとメリット・デメリット、理由を伝え、納得してもらう必要があります。

具体的には、4つのタイプに分けて疑問点を解消に導いていきます。

その4つのタイプを『4つの学習タイプ』と呼びます。

4つの学習タイプは読者の疑問を解消に行動に導くコピーライティングのフレームワークです。

4つの学習タイプの意味はなんとなく理解できるけど、使い方がイマイチわからないな…

okasuji
本記事では4つの学習タイプの解説から、使い方までご紹介していきます!
この記事でわかること
  • 4つの学習タイプのタイプ別
  • 4つの学習タイプの例文
  • 4つの学習タイプの使い方

4つの学習タイプとは

4つの学習タイプとはアメリカの教育学者「デイビット・コルブ」が提唱したコミュニケーションのフレームワークです。

人間の持つ疑問を4つのタイプに分類することで、全人類に伝わるメッセージを作成できます。

4つのタイプとは、

  1. なぜ(Why)タイプ
  2. なに(What)タイプ
  3. どうやって(How)タイプ
  4. 今すぐ(Crisis)タイプ

です。

それぞれ解説します。

1.なぜ(Why)タイプ

なぜタイプとは、「なぜそれが必要なのか?」と考えるタイプです。

例えば宅建の勉強を勧めたとすると、「なぜ宅建の勉強をしないといけないの?」と最初に考えます。

良く言うと思慮深い人、悪く言うと疑い深い人が多い傾向にあります。

2.なに(What)タイプ

「宅建って何?」「何を勉強するの?」と考える人です。

このタイプの人は、まずは全体の概要や内容、全体像、仕組み、背景が最初に知りたいと感じます。

数字や統計、データなどのロジックを重視する傾向にあります。

3.どうやってタイプ

「それってどうやるの?」「どうやって勉強すればいいの?」「どうやって試験を受けるの?」

といったように、方法論をまずは知りたい人です。

このタイプの人にはステップ式で伝えたり、実践法を伝えることが大切です。

4.今すぐ(Crisis)タイプ

「今すぐに行動できる方法を知りたい」と考えるタイプです。

せっかちさんですね。

良く言うと仕事が早い人、いわゆる「すぐやる」人です。

モデルケースや成功事例を見せることが大事です。

逆に、今すぐできる理由がわからないとなるとすぐに離脱してしまいます。

4つの学習タイプの具体例

1.なぜ(Why)タイプ

宅建士の資格を取ると、不動産会社に就職しやすくなります。

法律で不動産を扱う店舗は5人に1人宅建士の資格保有者が必要と定められています。

さらに、資格手当も付くので収入も安定します。

だから、宅建の勉強をした方がいいですよ。

2.なに(What)タイプ

宅建士は毎年20万人以上が受験している人気の資格です。

合格率は15~17%で、合格点は50点満点で35点前後、7割がボーダーラインです。

税理士や司法書士といった他の士業と比べると合格率も高めですので、狙い目の資格と言えます。

3.どうやって(How)タイプ

宅建士の資格取得までのステップは以下の通り。

STEP1.参考書で独学or通信教育を受講する

STEP2.試験に申し込む

STEP3.過去問をひたすら解く

4.今すぐ(Crisis)タイプ

最短で合格できる勉強法を紹介します

合格者の体験談や参考書、通っていた資格学校をこちら

宅建士の勉強に使えるおすすめアプリ

など

4つの学習タイプの使い方 3ステップ

STEP1.まずは今から伝えたいメッセージの目的と読者に取って欲しい行動を明確にします。

STEP2.読者の持っている4つの疑問を解消した未来書き出します。

なぜ→

なに→

どうやって→

今すぐ→

STEP3.読者の持っている4つの疑問が解消できない理由を書き出します。

なぜ→

なに→

どうやって→

今すぐ→

上記のSTEPをまとめで文章にしていきます。

4つの学習タイプが必要な理由

4つの学習タイプは言いたいを相手に伝えるために必要です。

どんなに優秀なコピーライターも、スピーカーも100%の自分のイメージを相手に伝えることはできません。

だから、100%に近づけるためにフレームワークが必要になります。

「本当に人間は4つしか学習タイプがないの?」

と疑問に感じる方は、一度自分がどのタイプなのかを分析してみてください。

さらに、それを解消する理由を考えてみると説明がつくことを理解できます。

ちなみに僕は「今すぐ」タイプです。

どうもせっかちで答えを急ぐ傾向にあります。

【HARMの法則とは】人間の根本的な悩みは分類すると4つだった!

2020年4月29日

4つの学習タイプはあらゆるシーンで使える

4つの学習タイプはコミュニケーションのフレームワークです。

そのため、セールスレター だけでなく、普段の会話にも使えます。

なかなか相手に、伝えたい内容が伝わらないと感じている方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

また4つの学習タイプはブログ記事の構成にも使用できます。

例えば

見出し1.なぜ、筋トレは体にいいのか?

見出し2.筋トレのメリット・デメリット

見出し3.筋トレをマスターする5ステップ

見出し4.今すぐにできる筋トレをご紹介

上記のように、見出しや本の構成など幅広く活用可能。

まとめ

4つの学習タイプについてお伝えしました。

これはすべての人類に伝わるメッセージを作れる最強のフレームワークです。

コピーライティングのみならず、普段の会話からセールストークまであらゆるコミュニケーションで使用できます。

「伝えたいことが伝わらない」「相手が思ったように行動してくれない」といった悩みに、ぜひ4つの学習タイプを使ってみてださい。

人を動かす4つの人間心理とは?相手を意のままに支配する法則を紹介!!

2019年11月5日

LINEでは、ライティングのビジネスのコツを発信しています!無料特典PDFもプレゼント中!

友だち追加