【WEBライターは稼げないはウソ!?】WEBライターやったら意外と稼げた話

ビジネス、起業

WEBライターって稼げないって聞いたけど本当?
okasuji

WEBライターはやり方さえ間違わなければ稼げます!

実際、僕は専業のWEBライターをはじめてから1年後には月30万円以上稼げました。

稼げないWEBライターには共通点があります。本記事では、僕がWEBライターをやっていて稼げない時期から稼げるようになるまでの実体験を元に、稼げないWEBライターの理由と、稼げるWEBライターになるためのコツをお伝えします!

この記事でわかること
  • 稼げないWEBライターの理由
  • 稼げるWEBライターになる方法
  • WEBライターで稼げた体験談

【WEBライターとは】仕事の種類や内容、必要なスキルを徹底解説します!

稼げないWEBライターの共通点

稼げるWEBライターには共通点があります。

それは以下の通りです。

  1. 自分に自信がない
  2. そもそもWEBライターは稼げると思っていない
  3. 情報が足りない
  4. WEBライターの仕事を舐めてる
  5. コミュニケーションを疎かにしている
    それぞれ解説します。

 1.自分に自信がない

実は僕も、WEBライターをはじめた頃は自分に自信がありませんでした。だから最初は全然稼げなかった。

自信がないとどうなるかというと、単価の低い案件ばかりやりがちです。

そうすると、どれだけ記事を書いても一向に稼げません。

これを解消するにはどこかで自分の文章に自信を付けるしかないですね。

実際、自分のセルフイメージ次第なのですが、ほとんどの人が第三者のお墨付きが欲しくなります。

その場合は、スクールに通うのもありだと僕は思います。

そのお金が惜しい人は、本で勉強してアウトプットを繰り返しましょう。

【初心者WEBライター向け】基礎力とスキルを磨ける本7選!

2.そもそもWEBライターは稼げると思っていない

これはセルフイメージ、潜在意識の話ですが、そもそも稼げないと思っていたら本当にその通りになります。

稼げるライターさんは月にいくら稼ぐと先に目標を立てます。

そこから逆算して計画と立てていきます。

人間は目標達成に必要な情報しか集めないので「稼げない」と思っていると、それ以上の成功はないのです。

3.情報が足りない

大半はこれだと思います。どんな職種にも言えることですが、稼げる人がいると稼げない人もいます。

成功する人がいれば、失敗する人もいる。

その理由は、情報量が足りないからだと思います。

どんな仕事も突き詰めると突破口があります。

また、WEBライターに関わらず、インターネット上の仕事は情報量がものを言います。

つまり、情報強者が情報弱者から摂取するという自然界の弱肉強食が存在します。

ですので、稼げないWEBライターは圧倒的にこの情報量が足りていないのです。

4.WEBライターの仕事を舐めてる

WEBライターって在宅で文字書いてたら、お金もらえるんでしょ」みたいな人がWEBライターやると痛い目みます。

実はクラウドソーシング WEBライターの登録数はとても多いですが、実はやめていく人もすごく多いです。

みんな、楽に稼げると思って実際はそうではないので、そのギャップに萎えてしまうのですね。

本気で稼ごうと思ったら、どんな仕事でも楽な面ばかりではありません。我慢も努力も必要。

WEBライターは決して楽して稼げる仕事ではないです。

5.コミュニケーションを疎かにしている

WEBライターの仕事は基本的にクライアントワークです。

ですので、結局は人との繋がりがとても大切です。

また、クライアントさんも人間なので、良い人には良い待遇もするし、悪い人にはそもそも仕事をくれません。

納期は必ず守る、連絡は必ず返すとったことも、リモートワークでは疎かにしがちですが、ここは稼げるWEBライターさんは必ずやっていることです。

【初心者向け】現役WEBライターから学ぶ『失敗例5選』

 WEBライターで稼げない理由は、稼げる方法を知らないだけ

WEBライターをはじめてすぐは、ビックリするほと稼げなくて落ち込むこともあるかと思います。

ただ、それは稼ぐ方法を知らないだけかもしれません。

実は月20万以上稼ぐWEBライターも月2,3万円くらいのWEBライターも文章力は変わらないことも珍しくありません。あるいは後者の方が高い文章力を持っていることも珍しくないでしょう。

WEBライターで稼ぐには、「低単価の案件に応募しない」「地雷案件を見極める」「得意な案件を受注する」など、早期に稼げるライターになるためのコツがあります。

仕事に応募する際の提案文やクライアントとの付き合い方、登録する媒体など、稼げる方法を見つけることが大切です。

ここからは稼ぐための仕事術をお伝えしていきます。

 稼げるWEBライターになるための仕事術

稼げるWEBライターになる方法は次の5つです。

 

  1. 稼ぎやすい案件に応募する
  2. 数多くの求人媒体を使用する
  3. 高単価の案件を受注する
  4. ブログnoteで記事を書き、ポートフォリオを充実させる
  5. 単価交渉を行う

上記の内容をそれぞれ解説します。

 1.稼ぎやすい案件に応募する

自分が書いていて楽しいと思う分野に応募しましょう。逆に言えば、書いていて苦痛になる分野だとストレスばかりかかって長続きしません。

また、自分が好きな分野=得意な分野です。普通の人より詳しい記事が書ければそれだけあなたの価値も上がります。

足りない知識を補う際のリサーチ作業も苦にならないでしょう。

ですので、長期的な目線で見ても自分の得意な分野を開拓していくことが大事です。

2.数多くの求人媒体を使用する

WEBライターと言えば、クラウドソーシング で仕事を受注するやり方が主流です。

その中でも以下の2つは必須と言えます。

クラウドワークス
ランサーズ

 しかし、上記のクラウドソーシング サービス以外にもWEBライターの仕事を探せ媒体はたくさんあります。

WEBライターの登録サイトなら
  1. サグーワークス
  2. ライターステーション
  3. CROCO
  4. PENYA
  5. ウーフー
  6. Shinobiライティング
  7. kacoo
  8. シュフティ
  9. おうち稼ぎ.com
  10. CACASEL Editor
  11. WEBライターズバンク
  12. フリーライターのよりどころ
リクルートサイトなら
  1. Indeed
  2. Workship
  3. Wantedly
  4. CARRYME
  5. CREATIVE JOB

これらの媒体をうまく活用して、仕事を受注していきましょう。稼ぐライターになるには安定した受注数も大切です。

3.高単価の案件を受注する

WEBライターの単価は本当にピンキリです。文字単価0.02〜20,30円のものまであります。

平均すると文字単価1円くらいに落ち着きますが、実際のところ適正価格というものはありません。

ですので、単価が高い案件が必ず高いスキルを求められるかというと、そうではないし、その逆もまた然りです。

活動を初めて少し仕事内容も理解して、自信がついたら高単価の案件にどんどん応募していきましょう。

僕は、1円未満ライターだったのにいきなり文字単価10円の仕事を受注できたこともあります。

 4.ブログnoteで記事を書き、ポートフォリオを充実させる

WEBライターで条件の良い案件を受注するには実績が大事です。

同じ案件に実績が豊富な人と、初心者の人が応募してきて、同じお金を払うのならどう考えても実績が豊富な人を採用しますよね。 

その際の実績アピールに使えるのがブログnoteです。

WEBライターを始めたてのころは、実績記事がないと思います。

そこでブログnoteを立ち上げて、そこで書いた記事を実績記事にしましょう。

自分の記事は紛れもない記名記事ですし、ポートフォリオは強力な武器となります。

5.単価交渉を行う

WEBライターの仕事は報酬がアップすることがあります。はじめは文字単価1円で受注していたとしても、やりようによってはそれ以上もあり得るということですね。

その方法はクライアントに単価交渉を行うということ。

どうやるのかというと、仕事をそつなくこなせるようになり、クライアントの信頼と評価が高まってきた段階で単価の交渉を行います。

その際に、理由と根拠を添えるとトラブルが少なくなります。

僕は結構な確率で単価交渉をして文字単価を上げてもらいました。

ただし、十分に信頼関係が築けていない場合は、関係に亀裂が走り、案件がなくなるリスクもあるので注意しましょう。

WEBライターやったら意外と稼げた体験談

僕がWEBライターではじめて仕事を受注したのは3~4年前です。

クラウドワークスのタスク案件で確か1500文字500とかでした。文字単価にすると0.3円とかですが、自分の文章に価値がついたことがとても嬉しかった思い出があります。その後も記事を受注しましたが1ヶ月くらいかけた記事で1000円とかの時期もありました。

その後、少し離れた時期もあるのですが、本気でWEBライターで稼いで行こうと決めて、仕事に向き合った結果半年後には20万円以上稼げるようになりました。さらにその半年後には30万円WEBライターの仕事だけで稼げました。

もっと早くに同じ金額を稼ぐ人もいると思います(実際たくさんいらっしゃいます)。

自分の経験からしても、本気でやればWEBライターは間違いなく稼げる仕事です。

はじめから月100万円とかを夢見なければ、在宅に居ながら好きな場所で好きな時間に働けて、結構いい仕事だと思います。

文章力はどのビジネスシーンでも必要なスキルなので、やって損をするということはまずないです。

むしろ、日々積み上がっていく経験や知識の方が多いですね。

まとめ

WEBライターは稼げない、という説もありますが、やりかた次第で全然稼げます。

この記事では、ではなぜ稼げないWEBライターと稼げるWEBライターがいるのかについてお伝えしました。

その理由は大きく、

 

  1. 稼げない理由に当てはまっている
  2. 稼ぐ方法を知らないから

になります。

この先、さらに在宅副業の需要が伸び、WEBライターの需要も増えてくるでしょう。

その中で、稼ぐスキルを身につけておけば、淘汰されることなく収入を得られます。

ぜひ、稼げるWEBライターになって充実した在宅ワークを送ってくださいね。

WEBライターを始めるならまずはココに登録

クラウドワークス
ランサーズ