【WEBライターとは】仕事の種類や内容、必要なスキルを徹底解説します!

ビジネス、起業

在宅副業を始めるにはWEBライターが良いみたいだけど、そもそもWEBライターってどんな仕事をするの?

文章力に自信がないし…

okasuji

WEBライターはインターネット上で文章を書いてお金をもらう仕事のことです。

在宅で、基本的な文章力があれば誰でも始められるので副業としても人気です!

在宅副業を始める第1歩として、WEBライターを始めようとお考えの方は多いのではないでしょうか?

WEBライターは基本的に在宅ワークで、不安定な社会情勢の中でも比較的影響の少ない職業です。

昨今注目を集める在宅副業の中でもWEBライターは比較的始めやすくておすすめです。

本記事ではWEBライターとはどんな仕事なのか、スキルが必要で実際に稼げるかどうかについて、現役のWEBライターが解説します!

この記事でわかること
  • WEBライターとは
  • WEBライターの仕事内容と種類
  • WEBライターは稼げるのか
  • WEBライター初心者におすすめの書籍とサイト

WEBライターとは

WEBライターとはインターネット上でお金をもらって文章を書くお仕事のことです。

インターネット上の文章のことをWEBライティングと呼びます。

例えば、WEBメデイアのコラム記事やニュース記事、企業or個人のブログ記事、商品販売ページ、SNSの投稿、メルマガ執筆など様々。

最近では電子書籍ライターや、YouTubeのシナリオを制作するシナリオライターなどもWEBライターの仕事に分類されます。

WEB上の文章は全てWEBライターのジャンルと言えるため、無限大にジャンルは存在します(例えば、金融ライター、恋愛ライター、医療ライター、筋トレライター、トラベルライター、不動産ライターなど)

また、スマートフォンやSNSの普及で近年さらに注目を集めており、参入障壁が低いことからもたくさんのWEBライターが世の中にいます。

【初心者WEBライター向け】最低限知っておきたい用語を解説!!

2020年5月5日

有名なWEBライターさん

たくさんいるWEBライターの中でも特に有名なWEBライターさんは以下の3名です。

他にもたくさん、有能なWEBライターさんは居ますが、ここではインフルエンサーとしての影響力の高いこの3人をピックアップしました。

・佐々木ゴウさん(@goh_ssk)

WEBライターの育成にも力を入れていて、無料で読める初心者WEBライター向けのサイト「ゴウライティング 」はとても参考になります。

現役のライターとしてはもちろんWEBライターを束ねるディレクターとしても活躍されています。

ちなみに現在WEBライターのためのオンラインサロン「ライター組合」を運営しており、WEBライティングから仕事獲得方法まで幅広く学べます。

・塩谷舞さん(@ciotan)

「しおたん」のニックネームで有名なライターさんです。もともと某メディアの広報としてライター活動をされていましたが、現在はフリーで活躍されています。

非常に読みやすく、無駄のない綺麗な言葉使いが特徴で、初心者ライターのみならず、中上級者の方も参考になる文章を書かれます。

milieuというメディアも運営されていて、有料noteの記事も有益です。

現在NY在住。

・名もなきライターさん(@writer_noname)

WEBライターだけで、月数100万円稼ぐスーパーライターです。受注記事だけでこの数字は本当にすごいです。

特に土日以外、毎日更新されて月350円で購読できるnoteの「なもちゃんマガジン」は全てのライター必読です。

グイッと読者を引き込む文章とWEBライターの仕事術が毎日読めます。

WEBライターの仕事の種類

一重にWEBライターといっても本当にたくさんに仕事があります。

主なWEBライターの仕事の種類は以下の通りです。

SEOライター

Googleの検索エンジンで上位表示させる記事を書きます。

WEBライターの中心的な仕事といえます。

WEB上のコラム記事は検索エンジンで読者に見つけもらうことが重要なため、SEOの知識はWEBライターに必須です。

SNSライター

いわゆる企業のTwitterやFacebookといったSNSの「中の人」です。

SNSの文章はタイムライン上でスクロールされ流れていく仕様なので、引きつける文章力と話題性のある記事作成が求められます。

動画ライター

近年WEBライターの仕事の中でも、非常に需要の高い職種になります。

主にYouTubeのシナリオを作成します。

YouTubeで見かける漫画調の動画はほとんどWEBライターが裏でシナリオを作成しています。

ブックライター

Kindleで発売される電子書籍などの執筆をするお仕事です。

電子書籍以外にも紙の書籍のお仕事もあります。

忙しい経営者の代わりにインタビューした内容を起こして、一冊の本に仕上げます。

別名「ゴーストライター」と呼ばれる職種です。

セールスコピーライター

商品やサービスを売り込む文章を作るライターです、主な仕事はLP(ランディングページ)のテキスト作成になります。

こんなの⬇︎

(出典:ランディングページ集めました https://starwhitening.net/)

文章だけで、制約させるコピーライティング力が求められるため、比較的報酬は高めです。

WEBライターに必要なスキル

WEBライターには特別な才能も卓越した文章力も必要ないことは先述したとおりです。

ただ、やはりお金をもらって仕事を以上は最低限の基礎スキルは必要です。

代表的なスキルは以下の3つとなります。

1.リサーチ力

WEBライターで一番大切な能力はこの「リサーチ力」です。リサーチとは直訳すると研究・調査のことです。

SEO対策を行った記事を作成するにも取材記事を作成するにもランディングページを作成するにも、この力が必要です。

例えば、料理する際にも下ごしらえが必要だったり、受験に挑む際にもしっかりとした受験勉強が必要だったりするように、人に読まれる文章作成に記事に必要な情報を集めるリサーチ力は欠かせません。

2.正しい文章力

WEBライターの仕事は「正しい情報」を「正しく伝える」ことです。

ですので、最低限相手に伝わる文章力は求められます。

WEB上の文章で求めらる文章力は「中学生にもわかる文章」です。

国語の先生のような文章力は必要ありませんが、情報をわかりやすく正確に伝える文章力は必要になります。

【現役WEBライター がおすすめする】ライティング力を上げる書籍10選!

2020年4月24日

3.コミュニケーション能力

意外かもしれませんが、コミュニケーション能力の低いWEBライターは仕事になりません。

なぜなら、WEBライターの仕事はクライアントワークだからです。

クライアントの意図を汲み取ったり、仕事を獲得するためにコミュニケーション能力は必須です。

WEBライターとは稼げる職業なのか?

これからWEBライターを始めるかどうか、の分岐点が実際にWEBライターは稼げるのだろうか?という疑問だと思います。

はじめたは良いけれど、全然稼げなくて疲弊しただけだと本末転倒ですよね。

まず結論からお伝えすると、WEBライターの仕事は稼げます!

僕ははじめて1年くらいで月30万円稼げるようになりましたし、周りではもっと稼いでいるライターさんも多くいらっしゃいます。

ではなぜ、WEBライターは稼げないと言われるのかというと、稼げるライターと稼げないライターの2極化が進んでいるからです。

WEBライターの案件ではひと記事数百円という低単価の仕事もたくさんあります。そんな低単価の案件ばかりこなしていても稼げるライターにはなれません。

ですので、WEBライターとしてある程度稼ぐためには低単価の案件には手を出さないことが大切です。

ちなみに目安は1文字1円以上です。

それ以下はほとんどお金にならないのでおすすめしません。最低でも0.8円は死守しましょう。

AIがさらに進歩するとWEBライターの仕事もなくなるのでは?という声もありますが、まず今の技術ではこの先10~20年は大丈夫です。

副業でも専業でも、この先数年は間違いなく稼げます。

とりあえずどんな感じか知りたい人はこの2つにまずは登録して、仕事を探してみましょう。

これからWEBライターになる人におすすめの書籍

WEBライターの活動を始める前に、まずは読んでおきたい書籍3選をご紹介します。

1.

WEBライターの仕事内容から、記事作成のコツ、編集方法まで幅広く紹介されています。これからWEBライターを始めるかたは読んでおいて間違いないです。

2.

WEBライティングの大まかな概要がサクッと1時間で理解できる本です。比較的薄い本ですが、内容は濃いです。ちなみにこの1時間でわかるシリーズは色々なジャンルが出版されています。

3.

タイトルは中上級者向けですが、内容は初心者も参考になります。むしろ初心者のうちに読んでおいた方が良いといえます。早めにライター業で月20万円稼ぎたいならマストの一冊です。

【初心者WEBライター向け】基礎力とスキルを磨ける本7選!

2020年5月3日

これからWEBライターになる人におすすめのサイト

予算をかけたくないという方に無料で読めるサイトをご紹介します。

1.ゴウライティング

https://go-writing.com/

先にもご紹介した佐々木ゴウさんのサイトです。非常に見やすく、わかりやすいサイトです。まずはこのサイトで勉強すれば基本知識はバッチリです。

2.こぶたの鉛筆

https://works.sagooo.com/kobuta/

WEBライターのクラウドソーシング サービスであるサグーワークスが運営しているサイトです。

文法からWEBライターの仕事術まで幅広く紹介されている、しかもシンプルでわかりやすいです。

3.ライターステーション

https://writer-station.com/

WEBライターのために作られたサイトです。WEBライティング用語や仕事内容の解説はもちろん、仕事の紹介も行っています。

4.番外編 バズ部

バズ部

少し中上級者よりのサイトですが、WEBライターに欠かせないSEOライティングや、タイトルの付け方、コンテンツマーケティングなど、業界の第一線のテクニックが無料で学べます。

まとめ  ”誰でも今すぐにWEBライターになれる”

本記事ではWEBライターの仕事内容をご紹介しました。

WEBライターになるには特別な才能も経験も資格も必要ありません。

誰もが今すぐにWEBライターになれます。

在宅で家にいながら仕事できるので、社会情勢の影響も少ないですし、副業としてもおすすめです。

思い立ってからすぐに始められることもWEBライターの魅力です。

あなたも自分の文章に価値をつけて、稼いでみてはいかがでしょうか?

WEBライターを始めるならこちらの登録をどうぞ

クラウドワークス
ランサーズ